bird watching / 玉屋

玉屋/bird watching

サンロクレコードとしては初となる単独アーティストのアルバムが完成。
松本周辺ではすでに人気のシンガー「玉屋」です。
へんな名前ですが独特の存在感をもつへんな野郎です。
サンロク周辺のクセモノたちのナンクセに耐え抜いて完成させた一枚。
大味な弾き語りアルバムとは一味違う出来映えとなりました。
2016年3月5日リリース

1. 僕はあなたのなにかになりたい
2. 7月
3. 朝になっても夜になっても
4. bird watching
5. 12月の夜空に
6. 種
7. ハル

●玉屋tamayayamada.tumblr.com
2008年頃から松本市を拠点に弾き語りを始める。
2009年頃『犬とギター』を結成するも、1年ほどで解散。
2010年頃からは『玉屋バンド』としても活動中。
3枚の宅録ソロアルバムを経て、2016年3/5にミニアルバム『bird watching』を
サンロクレコードからリリース。
幽玄なギターフレーズに隠しきれない天然感覚の言葉遣い。

SNRK-160305
全7曲/1,500円(税別)
企画・制作 tamaya・サンロクレコード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です